株式会社アルコデザインスタジオ
arcodsロゴ_50.pngarcodsロゴ_50.png

3.環境デザイン 










建築という行為は建設時そして竣工後においても、環境に対して非常に大きな負荷をかけております。

環境問題が顕在化した今日、建築設計においてそれらに配慮することがますます重要になってきていると言えます。

環境問題を考える上では、地球環境、周辺環境、住環境といった様々なスケールで考えていく必要があると考えています。

私たちは建築設計を通して、これらの様々な視点に立って、環境に配慮したデザインをご提案いたします。



自然エネルギーを活用したデザインをパッシブデザインと言います。計画地の陽当たりや風の流れを読み取り、建物の断熱性能や開口部、庇の形状等を工夫することで自然エネルギーを活用しつつなるべく地球環境に負荷をかけない快適な環境をご提案いたします。

心地よい環境を考えるうえで、グリーンは欠かせない存在です。壁面緑化や屋上緑化による温熱環境を改善する効果はもちろん、インドアグリーンや菜園などを取り入れることで、季節感や癒しなどグリーンならではの効果を最大限に取り込んだ空間を創出します。


緑化デザインの竣工事例

五感で感じる心地よさを求めるとき、建築材料に自然素材を取り入れることも非常に有効と考えます。一方で自然素材には様々なものがあり、その特性を十分理解しておく必要があります。私たちはこの特性を踏まえたうえで、クライアントに合った自然素材の採用をご提案いたします。


自然素材を取り入れた共同住宅『e-STEP』